FC2ブログ

自転車に乗れるように

イントラデイ・トレード
自転車に乗れるように TOP  >  未分類 >  7月24日(木)

7月24日(木)

やってしまった・・・。同じ失敗の、繰り返し。
準備不足。

ツールの1つの不調に、2分前に気づく。
しばらくそちらもイジリながらの売買で、注意力が分散。
焦って、PONの音もセットし忘れ、
さらに焦って、買いの手仕舞いに買いを入れる、悪循環。

動揺した精神状態のときは、同じミスをする。
エントリー、脱出も、おかしくなる。

唯一、良かったのは、
次の39分に動揺しながらも、
「気持ちを切り替えよう、取り返してプラスで終えよう」という、
気持ちで望めた事。 今日は、色んな角度からの反省が出た。
まず、仮眠をとるかやめるかの迷いがあり、
モヤモヤした気分で定時を迎えてしまったこと。
メンタルの管理不足。
上記失敗の、遠因。

売買で、銘柄選定の際、買い銘柄ばかりが中心になってしまう傾向。
売り銘柄が見れていない。
今日のように売り優勢の日は、ごっそり見落としとなってしまう。

縦置きモニター上で、上下に買いと売りを並べて、上から見ていくから売りが遅くなるのもあるし、
見やすい高さには買い銘柄群があり、下をのぞきこまないと
売り銘柄は見れないという事も、原因では、と思った。

チャートの中のいくつかが、少し前の時間の足のままで固まって止まってる現象。最先端の足だと思って
しばらく気づかない間抜け。

_____________________________

損益
損益
一応プラスだが、やっぱり悔しい。

指数。
序盤、上下に振られる展開となった印象。
指数
ローソク足の上下幅が長い。
特に序盤、上に動いたかと思えば下に、という印象だった。
でも、終わってみれば、明らかな下落相場。
           ↑
いつも、トレンドが出てる事に、しばらく気づかない。個別銘柄も、そう・・・。
           ↑
ローソク足の目先の動きのみに意識が集中してしまっていて、
大きな流れが、まったく目に入っていない、認識できていないのだ!!
トレンドを、味方に出来ていない

冒頭3銘柄。
1intc2
逃げ遅れか?
キ2
入ったとたんに思いっきり逆へ振られたが、結果同値付近の微損に戻す。
これくらいの時、切ったほうがよいのかいつも迷う。
上髭をつけて戻した→1分足では陽転、だから、ホールドが正解か?

3gmcr.png
完全なる切り遅れ。
重ねて執行ミス。

39分。2銘柄しか入れず。探す余裕なし。
ibb.png
この銘柄、トレード中は気づいてなかったけど・・・・
ここでリカクは、早すぎだ!
ローソク足確定まで我慢していれば、ホールドであり、
次の足で、断然、利益が違う。
前の足のヒゲで、早計な判断。

sbux.png
切り遅れ。
これについては、記憶あいまいだが、他の作業に追われている間に、保有していること自体、忘れて(!)て、損失出ててあわてて切った。
あぶない。

42分。
yhoo.png
前の足は十字的なので無視して、
陽線2本目&高値ブレイクとみてエントリーしてみた。


さて・・・今日入れなかった、反省の残る、以下の銘柄。
ebay.png
wfm-2.png

今日、COOLにてはっち先生にアドバイスしていただいた、
指数との関係。

指数との連動性を確認する。

つまり指数の動きと関係なく、上がり続ける銘柄を見つけること。

ENDPには最初だけではなく、そのあともチャンスがあったのです



「指標と連動せず、独自に動く強い銘柄」
まさにそのような銘柄であり、このように上がり続けることも想定でたはず。

場中でも、グングン上げてるのは、確認できていた・・・。
なのに、押し目が来ても、入れない。
なぜか。

上げ続けているのを見たとき、トレンドどおりに入るのに、強い抵抗感を感じてしまう心理あり。
「もう上げすぎなのでは」「大きなブルバックが怖い」
と、瞬時に感じてしまう。

素直に、上げている=強い=買い、と反応できない。
上げるほどに、「買った途端に、下げがくるかも」「反転の直前なのでは」という、逆張り的?感覚が、染み付いてしまっている。

デイトレードという時間枠で、強い銘柄がどのような振る舞いをするのか、
デイトレードの相場は、自分は知らないのだ!
自分の中途半端な相場観で見るのを、やめること!
























スポンサーサイト



[ 2014年07月25日 03:23 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL