FC2ブログ

自転車に乗れるように

イントラデイ・トレード
自転車に乗れるように TOP  >  未分類 >  7月22日(火)

7月22日(火)

36分のエントリーに、もっともバタバタする。
買い銘柄を2つ、入力して精一杯。
売り銘柄まで手が回らない。

そして、39分があっという間にやってくる。

冒頭のスピード感に対応できるように、なれるかどうかが、
たぶん、トレーダーとしての生死を分ける。

しかし、今、その技能へ到達する糸口が、まったく見えていない・・・。 序盤は、動いている方向へエントリーすれば、まだそちらへ伸びるという、
強烈な利点がある。

しかし、めまぐるしいスピード感に対応できるスキルが必要。
現在、ここに大きな壁を感じている。

中盤以降は、動きが穏やかになるが、ダマシに会いやすい。

そして、今日hはっきりしたが、
少しでも利益がでたら、すぐに手仕舞いしたくなってしまう、
いわゆる損大(利小)のメンタルが、自分の中に明らかに存在している。

この感覚は、目の前の値動きに、過度に反応してしまう傾向だと思うが、
いまのところ、このすぐに切りたい感覚が、3分足トレードでは、
リズムとしてうまいこと、損切りが早い、逆行につかまらない、という利点として表れ
ていると思われる。、
しかし、後半のリズムでは明らかに、利が伸ばせないという不利益の傾向として現れている、

やはり、自分の体内感覚には、前半の勝負のほうがあっていると思われる。

1-さきもの
先物
11時ごろ、236をブレイク。

2-損益
利益にはなったが、手ごたえのあるトレードほとんど無し。
損益を確認する前は、負けているかと思った。

-qcom3
これは、実際にとったポジションではない。
←のところで、エントリーした気になっていたが、実は執行できていなかった悔しい銘柄。
しかしそのあとすぐの陰線2本で、今の自分の感覚では逃げていたかもしれない。
その後、ロスパターンで入ることもできず

4intc.png
プラスだが脱出早すぎ。
次の足の始まり位置に注意していれば、ホールドできたか。
あと、先物の動きを注意していれば。

5alxn.png
僅かな利益。
勢いが下げてきて逃げたが結果は早すぎ。

6nflx.png
今日の稼ぎ頭になった銘柄。
たまたま単価が多きかっただけで、トレード中はわかっていなかった。
トレードが特に良かったわけではない。
エントリーが37分台と、遅すぎた。
買い銘柄を仕込んだ後で、遅くなってしまった。
脱出は陰転してきたのをみて行ったが、よかったかどうかわからない。

これ以降は、ちぐはぐなトレードが続いた。
早すぎる脱出。


スポンサーサイト



[ 2014年07月23日 00:39 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL